腰痛・神経痛・ヘルニア・スポーツ障害・坐骨神経痛・五十肩・肩こり・シビレ・交通事故などご相談ください。

岡山で、鍼灸・整骨・整体・カイロプラクティック・柔道整復、腰痛、肩こり、姿勢矯正なら、おれんじ鍼灸整骨院。岡山県岡山市中区高島

よくある質問

施術内容

よくある質問についてお答えいたします

問 保険が利きますか?利かないものもありますか?

 柔道整復の場合:捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼については、保険適応になります。但し、骨折と脱臼は医師の同意が必要です。捻挫、打撲、挫傷については、医師の同意は必要ありません。また、農作業後に痛くなったなど、運動時、運動後に、痛みが出た場合の障害は保険適応の場合が多くなります。(要:当院での判断)
鍼灸の場合:頚部捻挫後遺症・リウマチ・神経痛・腰痛症・五十肩・頸腕症候群・その他慢性的な痛みの場合、鍼灸で、保険施術ができます。但し、医師の同意書、もしくは診断書が必要になります。また、鍼灸治療中は、他の医療機関での同一名の治療は行えなくなります。
慢性的な運動器の不調やトラブル、痛み、姿勢矯正、はり・きゅう(保険該当疾患を除く)などの柔道整復以外の施術に対しては、保険外の施術となります。当院では、500円~4500円までの設定コースがあります。

問 針は消毒しているんですか?

鍼灸の針は、当院ではディスポーザブル(使い捨て)を使用しております。感染の心配はありませんので、安心して、施術を受けることができます。

問 鍼灸やカイロプラクティックは国家資格ですか?

はり・きゅうや柔道整復は国家資格です。他に似たような資格に、按摩マッサージ指圧師と理学療法士がありますが、これらも国家資格です。カイロプラクティックや整体、療術、リフレクソロジーなどは、資格制度がありませんし、法的な根拠もありません。民間資格を発行している団体もありますが、特に免許が必要なわけではありません。但し、そういった療法の団体の中にも法制化を望む団体もあり、さまざまな活動をしています。特にカイロプラクティックにおいては、国際的なヘルスケアにもかかわらず、わが国においては未だ法制化されず後進国となっています。当院の施術者も法制化を望む一カイロプラクターです。(当院のカイロプラクターはWHOが策定した教育プログラム修了者です。)

問 交通事故でくびがいたいのですが、他の医療機関からこちらに変われますか?

はい、かわれます。他の医療機関で治療中でも、柔道整復や鍼灸での施術に切り替えることができます。保険会社の担当者に、変更する施術院を伝えて了解を得ていただければ施術が可能になります。(例えば岡山市にある0000鍼灸整骨院で、柔道整復の施術をうけたい。電話番号は00000です。と伝えればスムーズに変更できるでしょう)

問 国際基準カイロプラクターってなんですか?

カイロプラクティックは手技療法の中でも最も広く利用されている形態の1つであり、今日、世界80ヶ国以上に広まり世界保健機関(WHO)では鍼灸とならび認められている国際的ヘルスケアとなっています。

しかし、カイロプラクティック業務に関する規定は国によりかなり異なっており、アメリカ合衆国、カナダなど法的に認識されている国もあれば、日本などのようにカイロプラクティックの正規な業務を規定する法律が確立されていない国もあります。
そのような国では他の資格をもつ健康専門家や素人の術者が、認可されたカイロプラクティック教育を受けていないにもかかわらず、脊椎手技療法のテクニックを使用しカイロプラクティックのサービスを提供している現状があります。
そこで、世界保健機関(WHO)が国の健康サービスにおいて、安全で有効な医療・製品・施術の適正利用を支援するためのガイドラインを作成しました。
それが、「カイロプラクティックの教育や業務の安全な実施に関するガイドライン」です。
このガイドラインに定められている国際基準の教育を修了した者のみが、正式にカイロプラクターと名乗れることとなっています。 日本ではまだWHO基準に則ったカイロプラクターの数は600名ほどと少ないのですが、社会的にカイロプラクティックの安全性と有効性を求める声も高まり、認知度が高まってきています。

問 接骨院、整骨院、ほねつぎ、整体院のちがいを教えてください。

接骨院、整骨院、ほねつぎは、名称は違いますが、内容は、すべて同じです。共に柔道整復師という国家資格者が施術を行っています。これに対して、整体院などの他の名称をもった施術院は、公的な資格を持たなくても運営できるものです。(整体院などは資格そのものが必要ありません)

肩こりや慢性的な腰痛は保険が利きますか?

保険の適応にはなりません。整骨院では、急性、亜急性の外力による損傷に対して保険で施術を受けることができます。そのほかの不調や、疲労回復などでは保険の対象外となります。なお、はり・きゅうでは慢性的な痛みのものが、保険の対象となりますが、医師の同意書もしくは診断書が必要になります。また、保険施術期間中は、同一病名での他の医療機関での治療が行えなくなります。当院では、低価格の実費施術を実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

領収書は発行してくれますか?

はい。当院では当日、明細領収書を発行しております。
はり、きゅう、柔道整復の施術においては、医療費控除の対象となります。他の医療費の領収書と同じように保管していただくと、合計額が年間10万円以上の医療費は控除の対象となります。但し再発行はできませんので、大切に保管してください。(慰安目的のものは医療費としては認められませんのでご注意ください。)

私も整体師になりたいのですが、どうすればいいですか?

整体師は、柔道整復師とは異なります。
柔道整復師、按摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師は国家資格として存在しますが、整体師やカイロプラクターという公的資格は存在しません。柔道整復師は柔道整復師を養成している大学や専門学校を卒業し、国家試験に合格すれば取得できます。また、そのほかの国家資格も大学や専門学校でそれぞれのコースを卒業し、国家試験に合格すれば、取得できます。国家資格以外の整体師等の業種は、それぞれの民間の養成校(専門学校や大学のような日本の学校教育法での学校ではありません。ほとんどが私塾の形態です)を卒業したり国外の資格保持者に弟子入りしたりというケースが多いようです。私見ですが、国家資格系の資格以外は、法的な根拠がないため、国家資格を取得されたのちに、整体等の技術を勉強されたほうが、やや安定した取り方のように思われます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional